Windows 10で「subst」コマンドは使える

どっかの馬鹿が書いた駄文が未だに腐敗をまき散らしているので。

news.mynavi.jp

あくまでも筆者の推測だが、エクスプローラーとコマンドプロンプトが異なるユーザー権限で実行されるため、このような結果になるのだろう。

この記事の中で正しいのはここだけ。

そしてすべての勘違いの原因はおそらくUACの設定を「通知しない」に設定しているから。そしておそらくコマンドプロンプトを常に管理者権限で実行してるから。

Windows 7ではエクスプローラーとコマンドプロンプトを同じ管理者権限で動かしてることに気付いてないんだよこいつは。

Windows 7では「通知しない」に設定した場合UACが無効になる。

だからエクスプローラーもコマンドプロンプトもどちらも管理者権限で実行されるしネットワークドライブとかも共有する。

Windows 8以降では「通知しない」に設定した場合設定名の通り通知せずに昇格する。UACは無効にはならない。

だからコマンドプロンプトは管理者権限で実行され、エクスプローラーは一般権限で実行される。

UNIXに例えるなら7は常にrootでログインして、8以降は/etc/sudoersにALL = NOPASSWD: ALLと書くようなもん。

ここでMicrosoftが挙動を変えるのが悪いと思った奴はUACを無効にするなんて設定画面のどこにも書いてないからな。

結論

必要もないのにコマンドプロンプトを管理者権限で実行するな。