消費者を危険にさらす糞会社BUFFALO

SMB 1.0がデフォルト無効となる中、古い機器を捨てられない皆さまいかがお過ごしでしょうか

そんな中NASにアクセスするためだけにSMB 1.0サーバーを有効にする阿呆どもが世の中にあふれている

別のプロトコルに例えるなら「ウェブサーフィンをするためにはFirefoxApacheをインストールします」と言ってるようなもんだがそいつらにはそれが分からないらしい

 何十年システム管理をやってようがアホはアホだ

 

さてBUFFALOという会社をご存じだろうか

ここの製品が並んでない家電量販店は無いであろう大手だ

Windows 10 Fall Creators Updateを適用したら無線LAN親機の簡易NAS機能が使用できなくなりました - アンサー詳細 | BUFFALO バッファロー

[SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート]にチェックを入れます。 

 もう死ねよ

 

ちなみにBUFFALOと並べられることが多いであろうIODATAエレコム

Windows 10のパソコンからアクセスすると「指定されたネットワーク名は利用できません。」または「安全ではないため、ファイル共有に接続できません。」と表示される|Q&A | IODATA アイ・オー・データ機器

【Linux NAS】Windows10のPCからNASにアクセスできない場合の対処方法

未だにKS-PROに興味を持つ奴は買う気が無い

KS-PROってのはこいつ

www.indiegogo.com

CLOSEDと表示されていることから分かるようにこいつは2017年5月にクラウドファンディスク失敗、GET THIS PERKも押せない状態になってる。

そんな簡単なことにも気づかないやつらは買う気が全く無いんすよ。

 

だってのに未だにKS-PROを新発見する奴が後を絶たないのは

こいつと

pc.watch.impress.co.jpこいつが

 internetcom.jp記事を更新してないため。

 

クラウドファンディスク失敗した理由は「ARM64版Windows 10への不安」より「こいつにそれが作れる根拠が無かった」の方が大きいっすよ。

Qualcommがこんな会社にSnapdragon卸すのか?

・モックも出さずに製作とな?

・元Microsoftの従業員 ← で?っていう

「MyJVN バージョンチェッカ」がどんだけクソなのか説明しよう

  • 「MyJVN バージョンチェッカ」

1. 長らくJREが必要だった

「MyJVN バージョンチェッカ」がリリースされたのが2009年11月

JREが不要な「MyJVNバージョンチェッカ for .NET」がリリースされたのが2015年2月

遅くとも2012年にはJavaプラグインがデフォルト有効なOracle JREはクソだと言われていたはずだ

セキュリティを煽るくせにJREをインストールしろと何年も言い続けたのだ、IPAという団体は

「MyJVN バージョンチェッカ」はOracle JREもチェック対象だがマッチポンプに近い

 

2. Javaプラグインを有効にする必要がある

このソフトはJava Web Startを使用していてWebページ上のリンクから起動する必要がある

ところがこいつはWebブラウザでJavaプラグインが有効になっていないといけない

Oracle JREがセキュリティ面でクソだと言われる最大の理由がこのJavaプラグインだというのにだ

 

パソコンの大先生方なら一度ダウンロードして起動すればよいのではと思うであろう

ところがそう簡単にいかない

Java Web Startの実体であるjavaws.exeに関連付けされている拡張子は「.jnlp

しかし「MyJVN バージョンチェッカ」の起動用ファイルには拡張子が付けられていない

 

3. 選べ

f:id:hahihahi:20180314144647p:plain

Java Web Startといえどローカルで動くプログラムである

そのくせ実行環境の判定すら自分で出来ないというのだ

  • 「MyJVNバージョンチェッカ for .NET

JREに起因する問題はなくなった

しかし相変わらずこれだ

f:id:hahihahi:20180314150321p:plain

ちなみに32ビットと64ビットの判定はバッチファイル内でやってる

WindowsでUTF-8コードページがデフォルトになると本気で思ってる奴は脳みその代わりにお花畑が頭に詰まってる

もしくはコカイン畑

 

プログラムの中でUTF-8を使いたいならUnicode API呼んでUTF-16LEとUTF-8の相互変換を行えばいいのにその程度の手間を惜しんで自分でANSI API呼んでおいてCP932死ねとかほざいてんだから頭おかしんじゃないかと

ここ↑に湧いてるような奴らとか必要な痛みだとかほざいてる

誰がその痛みを負うんだ

お前らが作った糞プログラムを使わされているユーザーじゃないか

UTF-8コードページがデフォルトになった世界が来たと仮定して、救われるのはお前らが作ったような糞プログラム、痛みを負うのはお前らではなくユーザー、文句を言われるのはそれにより互換性を壊したMicrosoft

そんな世界が本当に来ると思ってんなら頭の中がお花畑だ

Windows使ってるユーザーの多数派はお前らじゃないって自覚しろ

「ファイル履歴」と「シャドウコピー」は全く違うものです

「ファイル履歴」と「シャドウコピー」

上記はてブのコメントで「ファイル履歴」と「シャドウコピー」の区別がついてない人たちが居るようなので簡単に表にまとめる

  ファイル履歴 シャドウコピー
保存先

任意のC:ドライブが存在していないディスク上のドライブ

または ネットワーク共有フォルダ

保存対象と同じパーティション

保存対象 ライブラリ、デスクトップ、アドレス帳、お気に入り、OneDrive 任意のNTFS, ReFSパーティション
保存単位 ファイル セクタ
復元GUI

「ファイル履歴」コントロールパネルから「個人用ファイルの復元」を選択

または 「設定」アプリのバックアップから「現在のバックアップからファイルを復元」を選択

または 「以前のバージョン」タブ

「以前のバージョン」タブ

「以前のバージョン」

勘違いしてる一因と思われるのがこの「以前のバージョン」タブ

ここに表示されるのは「シャドウコピー」だけだと思ってませんか?

以下はVistaと7でのUI

より高機能になったVistaのバックアップ機能 − @IT

[FAQ番号:010695]ファイルを以前の状態に戻す方法(Windows Vista / Windows 7)|FAQ Search|エプソンダイレクト

121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 010964

見ての通り「場所」というカラムに「シャドウ コピー」/「復元ポイント」と「バックアップ」の二つが表示されていて、ここで表示されているのが「シャドウコピー」だけではないということがはっきり分かる

Windows 10のカラムにも「場所」を追加することはできるのだが「シャドウコピー」の方が空欄になってしまった

f:id:hahihahi:20170401205850p:plain

晒しあげ

なぜ最強のバックアップソフトを使わないのか? ファイル履歴を設定する - いまさら聞けないWindows 10のTips - 窓の杜

バックアップ警察です。ファイル履歴を消すランサムもいるし、ディスク障害から保護はできないので「最強のバックアップソフト」というタイトルは煽りすぎ。

2017/03/31 12:36

 前述したとおり「ファイル履歴」はバックアップ先をバックアップ対象が存在するC:ドライブには出来ないし、C:ドライブが存在しているディスク上の別パーティションさえ指定不可

ディスク障害から保護できないなんてことはないので「シャドウコピー」と勘違いしていることは間違いない

ファイル単位でのコピーとスナップショットの区別がつかないバックアップ警察()とか失笑もんですよ

まとめ

でもやっぱり「ファイル履歴」はクソです